« 1/35 トランペッター T-90製作記 最終回 | トップページ | OFF »

2014年8月10日 (日)

一人でどうでしょう九州 後編

さて、楽しかった旅の後半戦です。

前日、夜遅く(ってたって普段から言えばそうでもない)寝たので
遅めの起床で9:00過ぎ出発です。

Img_5282
今度は西の端へと向かいます。

Img_5284
福岡から、都市高速→長崎自動車道→西九州自動車道を
通って佐世保へ向かいます。

Img_5285

途中、程々に休みながらのんびり向かいます。
今にして思えば、軍艦島ツアー キャンセルしてよかった。
だって、間に合わないもん。

Img_5288
にしてもイイ天気で、4日間とも雨に降られることは一切ない
天気に守られた感じでした。

Img_5290
さて、もはや西の果てに行くことしか目的がないので
長崎自動車道→西九州自動車道の終点
佐世保で降りたら、ちょうど高速沿いにとっても素敵なものが~
※横須賀のような感じで高架から護衛艦が見えますよ!
 わき見運転注意!!

Img_5292
近場のところからだと、「さわぎり」が近いところで見えまし・・・

Img_5293
うぐぁ!
こ、これは・・・
そう、米軍もいるんですね佐世保。
強襲揚陸艦さまじゃあありませんか。
デカイ! 近くで見れないかなぁ

Img_5294
奥には、海自の主力艦群が

と、今日は時間がたっぷり有るから
こんな対岸で遠めで見てないで近くで無いかな・・・・
としばし検索。(残念ながらそんな情報は無かった)

となれば、現場を脚で。としばし不審車的に港を廻る。

Img_5301
そして見つけた。

タワーパーキング。(普通の一般人も入れる奴です)

Img_5306
おお!絶景。
んにしてもデカイw
未だ、横須賀の空母ジョージワシントンを見てない身としては
迫力満点。

Img_5304

さらに、奥には第一護衛隊群 第五護衛隊ぞろい踏み!
「こんごう」「あきづき」「あけぼの」「ありあけ」
じゃぁ、ありませんか~
と、200円の駐車料金の元を取ったハズ
これ以上近づけないので、移動開始ね

Img_5308

佐世保の在日米軍前を通りながら(あぶねぇよ)

さて、ずーっとナビ通りなのだが、
で、当然のごとく「神崎鼻」なんてナビに無い。
途中まで何処か、それっぽいところを指定して走ってたと思う。
※あー思い出した、「カトリック神崎教会」だ。

Img_5311
ほうほう。
なんか、すごいいい感じの風景。
昨日の鹿児島とはまた違う、内海(うちうみ)ののどかな漁村風景

あーこういう感じのところでスローライフを送りたい(台風とか大変じゃね?

Img_5313

ようやくそれらしき標識が出てきました。

さ、もうこの辺からiPhoneのマップだけが頼りです。

Img_5314

えぇっぇええ・・っと、町内です。
完全に、漁村の中の道をどんどん進みます。

Img_5315

もう、のどかな、のどかな それはもうのどか過ぎる感じの
漁村の中をぐんぐん進みます。
一本道だったので、それほど迷いませんが なんか人ん家 感満載(笑

Img_5316
まだまだ漁村は続きます。

Img_5319

と、そんなとき突然現れます。
神崎鼻公園

Img_5320
公園内は新しいのか、非常に綺麗です。
クルマで乗りつけられます。(昨日の佐多岬とはエライ違いだわ

Img_5321

ふむふむこんな感じね。ま、完全に田舎道

Img_5322
公園はこんな感じか

Img_5323
看板

Img_5324
え!?
到達証明書 くれるの(でも いいや、遠いしとこのときは思う)
くれる場所は、漁協 しかもずいぶん離れた場所にあるんだもん。
※東も南も買っていくものらしいが、西は無料

さて、とぼとぼと歩いていきます。
道はすごく整備されてます。

Img_5330
と、これか?

Img_5331
おお、これだ

Img_5332

じゃーん!ついに到達。
本土最西端 神埼鼻
※昨日に引き続き、人が居ない・・・・ 写真どうしよう
 ま後で言いや

Img_5341

とにかく綺麗な海をパノラマにてどうぞ!

Img_5345
ほんと 九州の海は水が綺麗
この旅、ほんと泳ぎたくなった(その気は無いが

Img_5349
なんだか、造りが雑な展望台なので降りれます。

Img_5354
しばし、岩場で海風にあたり ひと時の安らぎを覚えます。
さて、少し散策するかなぁ

Img_5359
四極交流広場?

Img_5360
わぁなんか映画やTVで見る草原の感じ~ 素敵~
まあ、暑いけど

Img_5363
なんかあっちにあるな?

Img_5365
ま、鉄板の案内

Img_5367
最初プールかと思って、近づいたら
記念オブジェ?的なもの。

まあ、そうねこのうち 東と南を制覇 そして今、西に。

Img_5382_2

再びパノラマで、この絶景を!
お!人が3人。

で、なんとなく近寄って写真をお願い。
バイクで鹿児島からツーリングの3名様としばしの交流。

※お互いに撮り合いという事で。

Img_5383
7月30日 午後1時 一番日本本土で 西 居たのは俺だ!
今回はこの台詞!

Img_5384
帰りは、
海中遊歩道で海を見ながらトボトボ帰ります。

さて、到達証明書。
最初はどうでもいいと思っていたが くれるんだったらもらっておくかと
言うことで、九十九島漁協へ
(「つくも」でなく、「くじゅうくしま」と呼ぶ。だからナビにでないのか!
と後に判る)

Img_5389
市役所みたいな雰囲気に一瞬たじろぐも、えーいここまできて
スゴスゴ帰る訳にもいかんので、ゲット。
なんと、記念切手まで貰って お得な感じ。
難易度で言うと、西>>>東>>(超えられない壁)>南かな。

 

Img_5395
さて、佐世保で佐世保バーガーを食い損ねたのでSAで
大きなハンバーガーなので、どこで食っても同じだろうさ。
そんなものより、左手のハトシロール!
1本食った後、その旨さゆえ全部買い占めたった。
サービスエリアならではの このB級感、油の味 タマランでした。
これは、また喰いたい。

Img_5447
そういえば、軍艦島にいけなかったのでココでコレを購入。
「キューピー」で我慢。

さて、そそくさとハウステンボスやら、伊万里とか有名なところはことごとく
無視し、多少の渋滞に合いながら 17:30 ホテルへ帰還。

さて、福岡 第二夜は~

 

Img_5400
昔のよしみで、お付き合いのあった業者の皆様との宴。
なんか、すごい歓迎ムードで(仕事じゃないのに)九州の人の温かさを
肌で感じました。

さて、またもホテルに帰ると深夜。
酒が入るとシャワーなんて浴びる気もせず、爆睡
(ビジネスホテルっぽいところだったのでユニットバスのみで
 シャワーでいいや)

福岡での夜のお遊びは出来なくて少し心残りではありますが
それだけなら、また行けばいいかと切り替えます。

翌朝、出発は午後1時 空港は近いのでのんびり支度し
福岡の昼の町を散策。

昨晩の会で
「なんか、へんなお土産を」をということで教えてもらった場所へ

Img_5402
松田ネーム刺繍店
どんたくのお面はここで購入よ。
なんだかんだと、時間は過ぎ空港へ

Img_5404
レンタカーは乗り捨て。
空港前のレンタカー屋で返却
今回の旅の総走行距離は850km!
※3回の給油 何リットルかは、判らん。

Img_5407
ほう、福岡空港ね。

Img_5411
出発まで時間があり、展望デッキで時間つぶし。
途中、空自のC-1が着陸(写真は無い)
ほう、自衛隊管理区域があるのね~
そうそう、出発時にT-4がスタンバってた。

Img_5419
JAL316便13:00発 にて東京へ

Img_5420
雲行きが怪しいのが、出発待ちでついに降りだした。
が、今回 結局 傘や濡れることなく帰還。
1つだけ、隣のおっさんが酒臭い・・・
うーんせっかくのクラスJが台無し。 それもただの酒の臭いじゃない。
なんか、へんな甘い焼酎が悪くなった?みたいな・・・オエーw

ここで羽田着は出発待ちになり20分ほど待ち。
そんなうちに、鼻が慣れて気にならなくなったと、さ。
でも近づくと・・・「オエー」

Img_5423
九州を抜け、四国も終わりかけ
徳島 阿南上空
いづれは、「一人 おへんろ」その時まで今しばらく待ってろ四国

Img_5435
あっという間に、新島。 ほんと綺麗だ
旅は、乗り物に乗っているときが一番好きだ。

Img_5437
そんな好きな時間もあっという間。
幕張上空でもうオシマイ。

あー楽しかったなぁ。でも九州行く旅って もう無いよな
目的が無いし(端は行ったし、後何よ?)

今回は真っ直ぐ家に帰って見てみると。

Img_5443

あー、羽田D滑走路行きか・・・
もう少し風向きが違ったら、帰りは家の上空だったのになぁ。

さて、さて
後日わかったことが、それぞれの端っこ
(北:宗谷岬、東:納沙布、南:佐多岬、西:神崎鼻)
を4極と言い、四極制覇証明書が発行されるとの事。

そう! 北海道リベンジだ。
いつ行こう。 来年とかじゃないよね。コレ。

|

« 1/35 トランペッター T-90製作記 最終回 | トップページ | OFF »

旅行・地域」カテゴリの記事

B級グルメ奇行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一人でどうでしょう九州 後編:

« 1/35 トランペッター T-90製作記 最終回 | トップページ | OFF »