« 三沢航空祭(釣果) | トップページ | まぐろで聖誕祭 »

2017年9月18日 (月)

普通の海外旅行inモスクワ その3

さてさて 旅行記も書かないといけません。
忙しいよ俺w

この日は、前回(2015年)チラ見した 
軍事版ディズニーランドという触れ込みの「パーク・パトリオット」へ
丸1日です。
行く前までは、個人的にはこの旅最大の目玉だった・・・・。

最初に言っておくと、この4日後に<АРМИЯ-2017>という
一大 兵器見本市があり、その影響で設営中だわ厳重警備だわで
はっきりって時期が悪かった訳です。
※このАРМИЯ-2017の8月開催のおかげで
 MAKSも日程が変更になったわけでなんとも皮肉な1日となった訳ですね。
そんなおかげで個人で気楽に!
とは、行かず。

正規の見学申請を行って許可が出たら見れるとか!
結構厳重・・・・というか本当に時期が悪かった。

最終的にはドライバー、パーク・パトリオットスタッフ、ガイド1さん、ガイド2さんと
実に4人に囲まれた不思議なオプショナルツアーとなりました。
Img_4011
車でモスクワを横断するようにクビンカへ
ホテルのあるイズマイロボは中心ちから東北に位置して
パークパトリオットは西南方向になります。

Img_4015
お!アエロフロート本社w
もう2度とは乗らないかもw

Img_4023
途中の高速道路で大事故があり・・・・
1時間程度まったく動きません。
外に出て、タバコでも まったくおそロシアだw

Img_4026
高速からパークパトリオットは専用の高速の降り口があり
そのまま駐車場へ

Img_4028
おお!看板

Img_4030
やべえ 警戒厳重

Img_4033
で、ついにやってきました。
2年ぶり!のパークパトリオット!!!

Img_4037_2
そして!うわ
アーミヤ2017の飛行展示の訓練中!Su-27 4機編成でこの動き!
ファルコンズ オブ ロシア(Соколы России)だぁ・・・
写真とりてぇぇぇぇ けど何も持ってきていないよ。

Img_4035
駐車場には最新型車両かと思われるものが

Img_4038
展示用のBTRをトレーラーからおろしていたりと
興奮度MAX!※ここまでは・・・

その後、パーク・パトリオットスタッフ、ガイド2さんが
現れて、なにやら4対1のご一行様状態に・・・
うう。 なんだ これVIP待遇なのか?
それとも日本に対するプロパガンダの一環なのか?
かなり劣勢w
         でも負けない!
Img_4040
パーク内に入場するも4人にがっちりガードされ好きに見れないぞ

Img_4041
このコスプレガイドおじさん↑が、熱く 大祖国戦争を語ります!
WW2でのドイツ軍に対するソ連軍の性能を語ります。
・・・全部 知ってんねん(笑) ※おそらく貴方よりw

Img_4044
そんな隙をついて 1つ珍しいの
この数週間前に
昨年 ドン川から引き上げたT-34のニュースを
たまたま日本で見ていたらその実物がありました!
おおお!ちょっとアリw

そして、ロシアの軍事博物館に日本人が行くと
必ず見せられるもの
(むこうはサービスのつもりなんでしょうかね?)

日本軍コーナー・・・
Img_4045
栄エンジン
満州からもってきたんでしょう?
今は興味ないよ。日本軍機は・・・・

Img_4049
こちらも誇らしげに、三菱の戦車だと語っておりましたが
チハたんです。
はー俺が見たいのはコレじゃない 冷戦以降のソ連・ロシア軍なんだよ・・・・
と思っていても言えないのはお約束(笑)

Img_4051
挙句の果てに、この日本軍の軍服は本物か?
とか、製造年月日は?とかの質問ぜめ
元号(昭和)を西暦に直して説明して製造工場も読み上げて 
まあ一応、軍ヲタとしてもてる知識を総動員して丁寧に
対応させていただきました。
今後のガイドに利用されてしまうのでしょうね。まあいいか。
その行いが良かったのか悪かったのかは何年後かに判るでしょう。

ようやく、コスプレガイドおじさんから解放され
自由時間がすこし与えられ屋外展示を見に行きましょう!

Img_4052
そう!これこれもっと・・・

Img_4055
うわぁいっぱぃぃぃ
Img_4057
ずーっとみていたぃぃ・・

Img_4056
えーっとなにこの180度見渡す限りの車両と飛行機
こんなに見切れるかぁ!
と諦めました。
無理です。 この時点でお昼過ぎて13時前
展示エリアの次は、体験コーナーに連れて行かれるようです。
すでにミステリーツアーかyyw

Img_4060
国防教育をしています。
男女とも中学生ぐらいでしょうか?迷彩着てクラス単位で、リア充です。
おそらく、夏休みの社会科見学なのでしょうか?
海外は東西問わずこういう風景を良く見ます。

ぜひ日本も海外を見習いましょう!
(なぁ 日ごろ海外を見習えと言って都合のいいときだけ平和だ、対話だと言っている
 左巻きのダブルスタンダードの人たち)
展示館のなかでも大変多くの学生が夏休みを利用して地方から
ココにたくさん見に来ていました。

Img_4058
タンクバイアスロンの会場を横目に

Img_4070
なんだここ?

Img_4076
パルチザン村!

Img_4077
馬まで飼われています。

Img_4078
レストランつき
おねーさん可愛いし愛想いい 
総じて、公営施設なので安い 
ボルシチ100ルーブル、シャシリク(BBQ豚)260ルーブル
カーシャ(お粥)150ルーブルなど

Img_4080
ボルシチと

Img_4082
シャシリク(BBQ豚)を
まあ、簡単な食事としては安いし、いいよ。
こんなもんで

Img_4084
食事が終わったら、パルチザン村の見学

Img_4090
半地下になっていて

Img_4093
司令室

Img_4103
無線とか

Img_4104
電話とか触り放題 見放題

で、ようやく開放!
自分の欲しいグッズを買うぞ!
Img_4109
いろいろあるなぁ!

Img_4108
グッズがメインだなココ

Img_4110
Tシャツとあるものを購入

Img_4117
お土産袋もカッコいいねぇ!

でコレを買いました。
やべえ カッコいい
Img_4633
なんだと思います。
こんなおしゃれなパッケージ

そう!レーション!
Img_4634
中身はこんなの。
※家に帰ってあけてみた図
999ルーブル ちょっとお高いかもしれないけど
話題にはなりそう。
サバゲで皆で分けて食うかな。

で帰り道

Img_4111
まあいい天気だぁ・・・・mん?

Img_4113
あああああああ!
ルースキービィーチャージ!
(発音が良かったようで現地スタッフがなにやらしゃべりだす)
良くわかったな的の事と、すごいだろう的な内容。
ロシア語は聞いてる分にはなんとなくわかるんで。

Img_4118
本当の帰り道
タンクバイアスロンの会場前を通過

Img_4123
タンクバイアスロンのツアーも発見したので来年とか検討してもよさそう。

ということで、パーク・パトリオットの見学終了。
はーーーーーーーぁぁぁ
なんか気を使って疲れたよ。

仕方ないのはアーミヤ2017と各種研究開発をここで将来まとめようとしていて
実際、カラシニコフと一部の設計・開発局は移転を始めていて
外国人は結構シビアにチェックされるよう。
パークパトリオットは未だ未完成。 あと2,3年くらい掛かるんじゃないか?
完全に気軽に見に行けるのはまだまだ先になりそう。
ロシア空軍110周年(2022年か?)の際に行ってもよさそう かも。

Img_4129
夕方 ようやく都心部に戻ってきました。

アーようやくガイドから開放される。
そして裏のスーパーで、おかしなものを購入。
Img_4143
きゅうり味のポテチとロール寿司味のポテチw
まだ食ってない 土産用。

Img_4137
夜飯は、気疲れして
ホテルの敷地内にある個人商店で購入して自室にて食す。
※中国人観光客に迷惑そうな顔をしていた店主のご夫人は
 私の立ち振る舞いから違和感を感じ「お前さんは、キターイ?」かと聞いてきたので
 「ニエット、イポーニャ」の一言で 一転笑顔に!興味ありげに色々利いてきた。
 どうも挨拶の言葉を知りたいらいしので「こんにちわ」を教えてあげましたとさ。
 その後サービス満点で肉類とか暖めてくれて袋とか包むものとか山盛りにくれた。
グリルチキン250ルーブル(一匹丸々で安ぅw
とシャシリク250ルーブル と バルチカNo7 500ml ビール
もちろん食べきれないので 数口分でゴミ箱にバイバイさせていただきました。
でも味はとっても良かったですよ。マジで。
4人ぐらいで食べたらちょうどよさげ。
酒の力と人疲れも有ってこの日も早々にダウンです。

ということで、パークパトリオットは まだ時期が早い!
次回2019年のMAKSはクビンカと正式発表があってここの隣。
ツアーでオプショナルあっても行かないほうがいいかもナァ

3日目と4日目は市内の観光です。

で、また来週は22日~24日までの土日は修行の為 Blogはお休みです。
俺、忙しすぎ。

|

« 三沢航空祭(釣果) | トップページ | まぐろで聖誕祭 »

旅行・地域」カテゴリの記事

B級グルメ奇行」カテゴリの記事

軍事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普通の海外旅行inモスクワ その3:

« 三沢航空祭(釣果) | トップページ | まぐろで聖誕祭 »