« マレーシア エアショー リベンジ 予告 | トップページ | マレーシアエアショーリベンジ【その2】 »

2019年4月13日 (土)

マレーシアエアショーリベンジ【その1】

4年前・・・2015年3月
海外エアショー2回目となるマレーシアで開催される
Langkawi International Maritime and Aerospace Exhibition
略してLIMAに。

その際に急遽、一眼レフのキットを購入

111_1

EOSKiss X7iにキットレンズの55-250mmで挑んだマレーシアのエアショー・・・

222_1

333_1

結果は一番良い写真がこれ。小さいwww(オリジナルの画角です) 
甘かった。考えが。そりゃ皆さん高いカメラとレンズ持って行きますわね。
まあーしょうがないよね・・・・

それ以外にも

・食べるものがホテルの朝食ですらすべてパクチー風味で、食べれない
 (2日間ずっと現地コンビにのカップめん)   
・帰りのクアラルンプール国際空港でボーディングパスを紛失 あわや大惨事に

   Image
       ※KUL→成田間の代替チケット(苦笑
・辛くて食べれなかった機内食
など、良い意味でも悪い意味でも思い出に残るエアショーでした。

しかし、偶然撮った動画がYouTubeで350万回再生!で
一死報いた、本当に思い出深いマレーシアでのエアショー

それから4年。
レンズを買い、カメラを買いなおし、MAKS、RIATと東西を代表するエアショーに行き、
海外出張やら修行やらで航空会社のステータスを取得・・・・

・・・そう。すべての時は満ちた。

今こそ、あの忌まわしき思い出にリベンジの時だと!

マレーシアエアショーリベンジ 

開始です。

今回、飛行機 自己手配。現地集合
ネットで見つけた飛行機写真好きの集まりにいきなり初参加という
過去の自分の行動規範すら超えた万全の作戦です。

Img_9735
朝8時 勝手知ったる 成田空港第二ターミナル

Img_9738
JGC(JALグローバルクラブ)専用カウンターへ
もはや慣れたもの。
年度末も近いので少々人多めかな。
学生の卒業旅行シーズンだそうです。

おーっとここでファーストクラスカウンターからお呼びが
Img_9740
何度か経験済みの「こちらでどうぞ」

Img_9746
そして「本日はおひとりですか?」のお声がけ
これはひょっとして?

はい正解。
「本日満席でビジネスクラスのお席に変更させて云々・・・」

おうおうおうマジですか?さすが万を辞してのリベンジ 幸先が良い
でもエコからプレエコ飛ばして、ビジネスって2段階アップってあるのか?
しばし変更手続きで待たされていると・・・・
「まことに申し訳ありません、プレミアムエコノミーのお席で云々・・・」
職員さん平謝り。

内心、落ち込むものの
笑顔で「ははは、問題無いっすよ、全然プレミアムエコでもめっちゃうれしいですよ」
※悔しさを隠してw

Img_9747
で、エコノミーからプレミアムエコノミーへのアップグレードです。
プレミアムエコノミーしかも先頭席です。
これで足が伸ばせるし、トイレも気にせず行き来できます。

まあ、ツアーじゃまず無いですからね。これで席も良い席でリベンジ達成です。
※帰りはマイルですでにビジネスクラスで席を取ってるもんでねぇ~(ニヤニヤ

荷物を預けて、保安検査を優先レーンで通過して顔認証で出国。
早い早い。もう慣れたもの。30分も掛かってない。
免税店でタバコを買い一路ラウンジへ

サテライトのサクララウンジで朝食です。
Img_9757
普通のご飯にしてみました。

Img_9768
ごめん、やっぱカレーも食べます。
スパークリングワインもね。

JALカレー食べないと海外は始まらないですよね~も・は・や

さて、今回 唯一行きの便で心配なのが乗り継ぎ。
KULからLGKへの乗り継ぎ時間。1時間半しかない。
この間に、KULの国内線ラウンジにいけるかどうか。

そんな折、早々に30分出発遅延のお知らせ。

Img_9784
定刻より25分遅れの11時搭乗開始。
セントレアからの乗り継ぎ待ちだそうでJL723自体の問題ではない様子。

Img_9792
JL723便 JA872J
787だ
 
Img_9794
優先搭乗でプレエコ一番乗り。

Img_9797
あー足元広々で素敵。
これならビジネスじゃなくでも全然OK ありがとうJALのカウンターの人。
にしても、機体がプッシュバックしない。

まだ乗り継ぎ待ちだそうだ。
おいおい中部国際空港発の便の人なにしてる・・・

結局1時間遅れの12時に離陸。おいおいKULの国内線ラウンジ時間が取れるのか・・・
ましてやKUL→LGK MH1456便に間に合うのか?

もはや席についている以上どうしようもないので
考えずに7時間過ごすことに。

Img_9821
機内食はシャンパンを呑むためのツマミ(笑

Img_9835
いやー787で広くて新しくていいねぇ
いえーいw

Img_9831
やりたい放題。
今回 日中だったので寝なかったなぁ。

Img_9859
まもなくKUL
がんばって飛ばしたようで1時間の出発遅延を30分短縮して
現地時間18:30に到着。
さすがJAL。

Img_9871
1時間弱はあるようでいよいよKUL国際線から国内線へ
これは以前 通った道なので思い出しながら移動。(懐かしさがぶり返します)
エアロトレインにのり、国内線乗り継ぎの入国審査をスムーズに通過。

Img_9872
国内線のゲートフロアーすぐにラウンジ発見!
ワンワールド・サファイアステータスな私は入場可能!
の前に・・・・
何時に搭乗開始か確認にゲートへ向かう。(海外じゃ電光掲示板信用してない)

Img_9873
ゲートオープン15分前か!
よし、ラウンジで喰う!っといそいそ戻ります。

Img_9893
こんな感じで国内線ラウンジの癖に豪華?な食事

Img_9881
さらに奥のダイニングにはヌードルバーがぁぁ!
さっそく、ワンタンメンを注文。
えーマレーシア名物のラクサにしないの?(そんな冒険はしない!笑)

Img_9885

10分ぐらいしかないので早食いで。
でも美味しかった。細麺の麺かため。香港のキャセイのヌードルと同じ感じ。
あーまた香港のCXラウンジいきたいなぁーーー。と思ってみたり。

Img_9907
何事もなく搭乗完了 定刻どおりの出発。
もちろんステータスの特権 非常口席で足元ゆったり。
遅い便なのか人が少ない。

Img_9914
ピーナッツが異常に旨かったぞ。
帰りは2個もらった。

Img_9922
約1時間 外は夜ですがついにランカウイ島に
LIMAに参加している艦艇群です。海上自衛隊の「あさぎり」が居るようですが
もちろんわかりません。
まさに連邦の観艦式 私がガトーだったら
例のセリフ「ソロモンよ私はかえってきた」を叫ぶでしょうw

20:50 暗闇の中ついに、因縁の地へ到着

Img_9933
おおお、さっそくフランカーがお出迎え

Img_9934
いやぁ、蒸し暑い。
半日前までの日本とは大違いだ。
でも これまだ夜だよな。
日中になったらどうなることか(今回 日焼け止めはいっぱい持ってきた)

Img_9936
現地ツアーは空港にお迎えが来てくれるので車でホテルまで移動。
とりあえず、チェックインしてお食事会へ

Img_9948
シーフードレストラン ナゴヤ

Img_9943
火鍋レストラン ナゴヤ・・・

なぜかレストラン「NAGOYA」が乱立
ナゴヤ?なんでw
後日聞いたところ、どうもこの辺の地名らしいです。

Img_9938
いろいろなナゴヤレストランの中で
シーフードレストランのナゴヤに入り、
恥ずかしながら自己紹介。

Img_9941
ここのお店は、パクチー感なくすべて食べれました。
ま、お店だからね。
屋台風店舗は翌日に

水を購入してホテルへ
なんだかんだとこの日は1時過ぎに就寝。

Img_9950
いたって普通のお部屋です。

Img_9952
さあ就寝。
LIMAの良いところは国内のように混まないところ。
小さな島なため飛行デモ開始が10時で8時過ぎにホテルを出れば良いので
割とゆっくり毎朝過ごすことができる。
朝が弱いに私にはありがたい。

ということで、まずは日本から現地まで。完璧にリベンジです。
初日120点じゃないでしょうか?
つづく。

|

« マレーシア エアショー リベンジ 予告 | トップページ | マレーシアエアショーリベンジ【その2】 »

旅行・地域」カテゴリの記事

B級グルメ奇行」カテゴリの記事

軍事」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マレーシア エアショー リベンジ 予告 | トップページ | マレーシアエアショーリベンジ【その2】 »