« 撮り始め2020 | トップページ | クアラルンプール空港ラウンジリベンジ<完結編> »

2020年1月13日 (月)

クアラルンプール空港ラウンジリベンジ<観光編>

9月21日(土)
この日と、翌日22日 夕方まで観光です。
現地では基本的に全部「やっさん」任せです。
一人旅と違って、楽ですね。

Img_4408
昨晩、シャワーだけ浴びて即効寝ました。時差も1時間しかないので
それほど疲れる要因はなくて良いですね。マレーシア。
なんかガスってますね。
以外に田舎っぽい・・・?

Img_4407
現地のTVなど見ても訳がわからないのでチャンネルを弄っていると
NHKが映っていました。天気いいのね、日本
朝食でも食べますか。

Img_4397a
オープンなところで色々有ったような気がする。
まあいい感じの朝食でした。

Img_4397
クアラルンプール中心地近くのアンバサダーロー ホテルというところだそうです。
プールが売りなリゾートっぽいホテル。やたらと内装が綺麗だった気がする。
近くにスーパーなどが無いので、朝食を取ったらすぐに次のホテルに行くことにしました。

マレーシアにはグラブというタクシーを呼ぶシステムがあるのでスマホとアプリ一つで
呼び出せます。しかも後払い(カードで引き落とし)で定額なのでボッタクリなし

次回 2021年 LIMAの帰りに1日 1人でクアラルンプール観光をしてみたいと思います。

Img_4410
ホテル ロイヤル クアラ ルンプールに到着!
元々 午後からチェックインの予定でしたがタイミングよく
午前中10時前くらいにはチェックインできました。

Img_4411
さっきまでホテルと打って変わって、すばらしい景色
これぞ、クアラルンプール

といった光景です。

Img_4412
目の前の大通りを挟んでショッピングセンターもあるし
ここなら水とかちょっとしたものを買うのに悩むこともないでしょう。

荷物もを置いて、後はお任せです。

Img_4414
電車とバスでブルーモスクに行きます。

Img_4416
ブルーモスクのある場所に行くにバスに乗るのですが
9月の下旬なのに、この路線バスにはなぜか日本人しか乗っていません。
単に土曜の午前中で通勤客が居ないのと、観光でモスクに行くので
偶然日本人だけのローカルバス旅になりました。

Img_4418
これがブルーモスク

Img_4423
中も青い!

Img_4422
バスに乗ってた人たちも 無料ツアーで一緒に回ります。

ぐっと1時間程度だったでしょうか?
さあ、お次はピンクモスクだそうです。
手っ取り早くグラブでタクシーで移動。

Img_4424
ほうピンクっぽい。
中に入れる時間帯でなかったので外だけ見て終り。

Img_4434
腹が減ったので、昼飯。
ピンクモスクの近くのショッピングモールにいきチキンライスを

Img_4435
おうおう本場のやつ。

Img_4436
うまかったですよ。

Img_4438
せっかくなのでドリアンアイスを食べました。
一生で、一度 機会があれば食べればいいと思います。
・・・という味。

ホテルに戻って、一休み。
夕方 ペトロナスツインタワーに行きます。
Img_4463
ロイヤルホテルから歩いていける距離なので
銀座と渋谷と原宿が混じったようなクアラランプール中心部を見て回ります。

Img_4464
噴水が涼しい。

Img_4477
テクテク歩いて見えてきました。
すげーメタル感 手前に伊勢丹(笑)日本企業が多い。

Img_4484
ペトロナスなのでF-1のデコレーション

Img_4491
抜けて、正面入り口。
すげえな。

Img_4496

日本から予約してもらっていたのでスムーズにチェックイン
(人任せは楽で良いです)登ります。

Img_4503
まずは中間層から

Img_4505
その後一番上に行きます。

Img_4506
ココが展望階 30分くらいで交代らしい。

Img_4513
いろいろ見て周ります。
今後もこのタワーより高いタワーが続々建つそうです。
日本より景気がいいわ。

Img_4515
しかしこのガスってるどうにかならないのでしょうか。
※実はこれ後から知ったのですが、「ヘイズ」という空気汚染
 5月から10月までインドネシアの焼畑やスマトラ島の火山の噴火の煙だそうで。
 結構ヤバ目の空気汚染 数値が高いと学校などは休校するそう。
 まあLIMAは3月だからいっか。

本来、日没をタワーの頂上から見る予定でこの時間にしたようですが
ご覧の通りヘイズで見えず・・・。

Img_4537
見学を終えて外に出ると夜になっておりました。
いやーこれは綺麗。
今後ペトロナスツインタワーやクアラルンプールを観光するのは
日本では、冬から春がいいんでしょうね。

Img_4544
夜はこんな感じで幻想的ですね。

腹が減りました。
夜飯に行きましょう。
Img_4553
アジア圏では見慣れた夜市ですかね?
東南アジアは何処もこんな感じですよね。

Img_4556
くっさ ああ!ドリアの店がぁ・・・・いっぱい

Img_4558
ドリアの切り身

Img_4561  
もう、都市ガスのガスみたな匂いです。
山猫王と書くそうです。安いんだか高いんだかわかりませんが
昼間食べた、アイスで十分だったのでもういいです。

Img_4567
夜飯の場所はここ。
仲間内お勧めの
通称「偽ミッキーの店」で食べます。
もう一人のJAL上級会員さんが先日出張で行った店だそうです。

Img_4569
いたるところに偽ミッキーw

Img_4572
あー美味しかった。
ビールやら中華っぽいのやら沢山食べました。

お腹も満たされたのでホテルに帰ります。
歩いてかえる距離
そのとき日本好きのカザフスタン人に話しかけられたけど、いいリアクションできなかったわぁ
すっかり英語脳になっていて咄嗟にロシア語が出なかった。

Img_4576
夜もいい景色
ちなみに今回は、艶っぽいところには行きません。
健全な旅です。

いよいよ最終日
Img_4577
相変わらず景色は良いです。

Img_4579
このホテルなかなか点数高いですよ。
安いのに(1泊5000円くらい)で立地は良いし

Img_4580
朝食も種類があって満足度高め。
次回来るのであればここだな。

この日は基本お任せですが1箇所だけ事前に調べて行きたい所があるのでそこに。
時間に余裕があるのでチェックアウト後、ホテルに荷物を預けて観光します。
17時に荷物をピックアップして空港に向かいます。

Img_4584
海外に行くと必ず探すSuperDryストア

Img_4585
まあ高いわ。それ以前に手荷物を増やしたくないので見るだけ。

Img_4591
ははは。 Su-35のペーパーモデル。
なんだこの形

Img_4597
マレーシアの日本好きが垣間見れますね。
東京ストリートって

Img_4598
なかはこんな感じ。明らかによくある間違った日本

Img_4610
おもちゃ屋があったので覗いてみます。

Img_4615
日本の定価より3割ほど高いようです。
輸入品ですしね。3割も高いと日本に来て買うのも頷けます。

Img_4619
eスポーツ(ゲーム)はさすがに東アジア全般に盛んですね。
日本は規制規制で残念なかぎりですが。
スープラが展示されていました。ほしいw

今回 唯一リクエストした場所です。
Img_4630
クアラルンプール シティーギャラリー
歴史とかそういったものが中心ですが
本命は 
クアラルンプール市内のジオラマがある
とのことでちょっとだけ仕事の参考を兼ねて

Img_4632
よくあるやつです。
日本軍がーってね。

Img_4634
あった これこれ

Img_4636
通常 有料のようですが第〇週目の土日は無料
的な感じでラッキーにもタダで見れました。
まあ 今思うとタダでもどうかと思いますが。

Img_4675
こんなジオラマでした。
ジオラマというより建築模型ですかね。
某社はこれを見にワザワザ視察したようですが
感想は「これだけー?」
10分間 光とプロジェクターマッピング的な見せ方で見せてくれますが
その後追い出されます。
この視察で10分で終りっすか?仮にわざわざ出張扱いで最短3日掛かるとして10分?
さすが利権の塊 元D(ははは
10分仕事して後は観光でしょ?と再認識しました。
その分 バイトの時給上げてやれよと(略

Img_4698
高い

Img_4704
またドリアン ケーキになってもさすがにねぇ・・・

Img_4712
昼食を取るかどうか迷いながら中華街をブラブラ

Img_4718
あーー懐かしい匂い!天津甘栗?的なものでしょうかね?

空港で食べるから昼は抜くことにしました。
2人とも意外にそんなに腹も減ってなかったんで。

午後もいい時間になりました。
さ、最後の目的地。

Img_4724
クアラルンプール ロイヤルセランゴール社へ

Img_4728
定番の写真 映えてますか?(笑

Img_4733
錫の鋳造の仕組みや

Img_4739
仕上げなどの行程を見学できます。

Img_4746
この辺知識が無くて知らなかったんですが
F-1の優勝トロフィーも作ってたんですね。

Img_4764
錫細工の工芸品ですがタケッ!高いわ。

今回のツアーの目玉「やっさん手配」
Img_4775
錫細工体験

Img_4779
錫の板を木製ハンマーで叩いて皿を作ります。
ハードノックピューターと言うらしいですね。

Img_4784
2人で皿と体験証明書をもらって記念撮影
まあ、ちなみに私の皿の完成度を見てめっちゃ驚いてましたがね ー指導員さん

そりゃそうです。 
誰見て言ってんだ?って事です。

さて、とても楽しかった(楽<ラク>だったとも言う)
クアラルンプールの現地観光。無事終了いたしました。

得意のグラブ(タクシー配車アプリ)で
ホテルによって荷物を拾って空港に向かいましょう。

Img_4792
18時くらいです。
ヘイズのせいで太陽がへんな色です。

Img_4794
一服していよいよ真のリベンジへ

つづく

|

« 撮り始め2020 | トップページ | クアラルンプール空港ラウンジリベンジ<完結編> »

旅行・地域」カテゴリの記事

B級グルメ奇行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 撮り始め2020 | トップページ | クアラルンプール空港ラウンジリベンジ<完結編> »