« MAKS2019大反省会(その1旅路編) | トップページ | MAKS2019大反省会(その3帰国編) »

2020年1月 5日 (日)

MAKS2019大反省会(その2 会場3日間編)

時間が無いから連続投稿

さあ、いよいよ4年ぶり3回目のMAKSです。
昨晩は市内に出て模型店を探すものの空振りでチョイ遅め(23時前後)に就寝
いつもの5時前起床
6:30ホテルのロビー集合だったので忙しないです。

ここで、ツアーは2手に分かれます。
・ひたすらMAKS会場いく派
・観光コース派(パークパトリオット、モニノ)

私ですか?
まあ、いままで散々観光している上に先月も来ている もので・・・
3日間ともMAKS会場に行きます。

ここで、前回もご一緒だった先発隊の方々とも合流。
積もる話もあり盛り上がりますね。
いやーやっぱり外国にきて知り合いが居るっていいですね!

<会場1日目>

Img_3274
このロゴを見るとアドレナリンが上がります!

Img_3278
アドレナリンがあがるぃ!

Img_3281
更にアドレナリィ・・・(もういいわ

Img_3289
アエロフロート塗装のIL-96なんて!

Img_3302
と、もうおなじみの風景
思ったほど人が居ないのは、この日は金曜 平日
パブリックデー前に「お子様デー」というやつらしいです。
なんとお子様(もちろんロシア国民に限ると思いますが)は優遇
展示している戦闘機のコックピットに乗れたり傍で触れたり出来ます!

Img_3309
ツアーの皆様(メディアプラットフォームに行く方々)とは
ココで一旦お別れします。
私は、野暮用があります故。※後ほど合流しますが

今回は違った目線で
しばし会場内 スタティック展示をご覧ください。
Img_3422
あー、フランカーが一杯(しかしお目当てのグレーの機体がないなぁ・・・

Img_3425
お土産はこんな感じです。
ルーブル安なので日本円換算(1.7倍ぐらいで)すると
なんとなく安い感じがします。

現金とカードが使えます。
(こんな露店でもクレジットカードが使えるなんて!)
 
Img_3424
以前と比べ、品物が統一化しているようです。
何処で買っても同じという感じで店ごとのオリジナリティーが感じられないのは残念。

Img_3427
はい、話題のSu-57です。e型とのことで
輸出用のモデルだそうです。
興味はあるが今回これを見に来たわけではないのでねぇ。

Img_3434
「こどもの日」ということでお子様が列をなしてコクピット体験に並んでいます。
いいなぁぁぁぁ・・・。
乗りてぇええ
どなたかロシア人の方、子供になっていただけませんでしょうか・・・。
2年に1度は会いに行きますので(冗談です)

Img_3460
Ka-52Kは、今回の目的の一つで塗装の色を見るにはちょうど良かったのですが
もし私に、ロシア人の子供が居れば子供をコクピットに乗せている隙に
機体に色チップを当てて絶対的な塗装の色味を証明できたのですが・・・・
だれかロシア人の女性 ・・・紹介いただけませんかねぇ
(半分冗談ですが、チャンスがあれば・・・云々)

ちなみに、こんな検証をしました。

2019MAKSにてセルジュコフカラーを検証した結果(あくまで個人の意見です)

セルジュコフカラー Su-30SM <完結編>

という趣味のプラモデルのことで大人気なく、つい熱くなってしまったのです。

あと、話題のSu-47ベルクートも近くで見学
Img_3649
実物を見れるのはうれしいけど、飛ばしてくれ!(贅沢

Img_3684
エンジン
MiG-31のエンジンですので、いまどきのようにウニウニ動きません。
機能としては何年も放置されて死んでいるので、再び飛ぶ事はまずないでしょうね。

課題をしている最中でしたが気になったショットを少し。
思いっきりトリミングとリサイズ、色調整してます。

逆光位置、フル望遠600mm など会場側では思うような撮影は難しいですね。
2k4a0979

2k4a2077

2k4a2741
逆光過ぎて いい瞬間だったけど補正したら変な色・・・

2k4a3186

まあ、練習がてらというのもありますのでOK!OK!

さあ、もう13時です。
そろそろ写真を撮りにメディアプラットフォームにいきましょうか!

入場券を買う際にメディアプラットフォームの券も一緒に買って手続きも終えてますので
メディアプラットフォーム行きのミニバスに乗ってレッツゴー!
Img_3800a
メディアプラットフォームの券を見せたら
一人でも余裕で出発してくれました。

Img_3800b
この間もバンバン飛んでますね。
ゲート通過
一旦、研究所の敷地を通りますが今回は特別検問も無くスルー・・・。
パスポートも準備して期待してたのに検問でのチェックなし 

Img_3800d
ちょうどスホーイスーパージェットの離陸でした。

Img_3800c
見えてきましたね・・・・・
みんなやってるやってる(笑

Img_3800e
あー!(なんか凄く久しぶりな感覚)
わが写真のお師匠様 T泉さん お出迎えありがとうございます!
おまけに場所まで押さえておいていただきました。
※この場を借りてお礼まで

Img_3801
メディアプラットフォームは、こんな感じの撮影専用の場所です。
年々、この存在が知れて2011年の時はガラガラでしたが今ではこんな感じ。
それもで離着陸を撮らないのであれば先頭以外は、まあまだ余裕はあります。
※終日 順光で絶好のポイントですが1日約2万円(ランチボックス、コーヒー、お水 付)
 もする特等席です。

プログラムを確認
Img_3813
何だかんだで撮影を開始したのはMiG-15の離陸からでしたが

ロシアンファルコンズ
YAK-130
Su-35S
Su-57
Su-30SM
が、この後飛ぶようですので、まだそれなりに撮れそうです。

この後、水やらランチボックスを取りにいき
Img_3812
MAKS水
何本かお土産で持って帰って来ました。

Img_3819
人気の機種(戦闘機系)でなければ、かなりマッタリしています。
日本の航空際もこのくらい余裕があると行くのですが
(あたしゃ、国内はもういいや)

Img_3821
ということで、無事 それなりにMAKS2019参戦初日は
終わりました。(釣果発表は何時になることやら)

この日は比較的渋滞も少なく
日没前にはホテルに到着して再会を祝して宴会

Img_3823
映えてますか?
チーズは欧州が本場で美味しいですね。

Img_3825
映えてますか?
サラダ

Img_3830
映えてry
サーモンのサラダ

Img_3831
映えr
えびのシャシリク(塩焼き:焼いただけ)

Img_3841
豚さんの色々
ちょっと獣臭がキツカッタ ワァーーーー。
ソーセージは美味しかったですよ。
ということで、初日はワイワイ楽しい感じで終了しました。

明日も早いから早く寝よ。

<会場2日目 パブリックデー1日目>

朝起きたら、霧
真っ白。

Img_3844
会場についても真っ白。
その後お昼前頃 気温の上昇と共に霧が晴れてきたので
エアショーでのデモンストレーション開始です。

Img_3851
午後は超快晴!
Su-35やSu-57、Su-30SM
ストリージィ、ロシアンナイツと
などのメインどころはきちんと飛びました。
釣果は・・・そのうち

Img_3854
最近はこういった一般ウケ(インスタ映え?)向けのをやるようです。
ほぼ終日撮影三昧。

ホテルに戻って夕食
少し渋滞してましたかね。

Img_3868
この日は遅かったので軽めに、ホテル内のレストランで
ボルシチとシーザーサラダで済まします。


<会場3日目 パブリックデー2日目 最終日>

いよいよ楽しかったMAKSも最終日です。
9月になってしまいました。
Img_3870

最終日くらいは先頭を取りたいので集団についていきます。
毎度のことですが、かなり殺伐としています。

Img_3876

ということで、普段の行いが良いので無事に先頭ゲット

Img_3883
殺伐とした雰囲気も、場所取りが終わると国籍を超えて和気藹々モードになります。

この日のフライトは
Img_3807

こんな新装備で望みます。
カメラの三脚座にハンディカムを乗っける作戦。
2日目に試してみたら思いのほかだったので
この日は終日ビデオをまわしました。

良かったら↓見てみてください。


さあ、そんなこんなでかなり満足度の高い
内容でした。
あーもう何日か居たいけど、次回のために帰ろう。

Img_3900
さびい感じ。
今回パビリオンはシナ系の出展が目立ちました。
今後シナとの共同開発が進むのでしょうか?
個人的にはあまり喜ばしい状況ではありませんが。

Img_3907
MAKS水と会場で買った高級MAKS水
今でも記念に飲まずに取ってあります。
高級な方はトレードデーでは配っていたようですが・・・。

Img_3913
さらばジューコフスキー! また2021年まで

日曜日は何処の国でも
さびしいものです。
Img_3915
帰りの渋滞も比較的軽く20時前にはホテルに到着しました。
この後、お師匠様やクアンチ省収税係長(仮称)さんを含む
何人かでホテルの中華屋さんで「お疲れ会」を開催。
無事 2019年のMAKSを終えることが出来ました。(写真撮り忘れ)

翌日は、いよいよ帰国です。
つづく。

|

« MAKS2019大反省会(その1旅路編) | トップページ | MAKS2019大反省会(その3帰国編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

B級グルメ奇行」カテゴリの記事

軍事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MAKS2019大反省会(その1旅路編) | トップページ | MAKS2019大反省会(その3帰国編) »