« GWH 1/72 Su-35S 制作記その3 | トップページ | GWH 1/72 Su-35S 制作記その5 »

2020年3月 8日 (日)

GWH 1/72 Su-35S 制作記その4

雨降りで寒い!
今朝は8時からとある通販があるのでスタンバっていたら
カートにまでは入ったものの、ブラウザの仕様でログインしていなくて
再ログイン中に品切れで購入ボタンを押したら売り切れ・・・・
という非常に不愉快な始まりでした。
その間わずかに、およそ30秒!

ECサイトの仕様とか書いてありましたが、そんなECサイト使っているのが悪いんじゃね?
正直そこまで必要なものではないので、必須ではありませんが有ったらいいな的な商品なので
この買えないモヤモヤをどう晴らしていいかわかりません。
ま、塗装ブースなんですけどね。
(今使っているのより高性能らしいということで買えたら買うかという感じで
 挑んで見ましたがダメでした)
これが、買占めの心理なんでしょう・・・。絶対必要でなくても無ければほしい
あー未だにモヤモヤするわぁ!クッソ。朝早くから販売しやがって・・・・


さて、気を取り直してプラモ作りしましょう。
Img_6950
キャノピーは現行機の定番バブルキャノピー
Ω字の形状なので、スライド金型です。金型の仕様上必ず頂点に合わせ目が出来ます。
細いスジが真上にあるのが見えますか?
ものづくりの基本です!
なので削って磨いてキレイにします。

Img_6951
600番から1000、2000番でスジを消していきます。

Img_6953
削ると透明パーツなので白く削り後が残ってしまいますので
コンパウンドで磨きます。

Img_6954
綿棒と特殊なウエスで磨きます。

Img_6955
はい!キレイキレイになりました。

Img_6957
で、そんなキレイなキャノピーを早速マスキング

Img_6940_20200308191401
あー!
このキットの唯一(かも)しれない残念ポイント
Su-27系統のトレードマーク IRSTの半球カバーがクリアーパーツでなく
一体整形なので切り飛ばしてクリアーパーツにします。

Img_6958
透明パーツのランナーの端っこがちょうど良いRだったので切ったり削ったりで調整。

Img_6961
うまい感じでハマリました。
この部分は塗装後に生きてきます。

さて、色調整・・・
今日は寒いので塗料が乾かないので色の研究でも。
2k4a6349

2k4a4628

2k4a6967
色かぶりの少ない離着陸の撮影をピックアップ
メディアプラットフォームからメインの滑走路まで約300mです。
純粋にスケールかすると1/144が当てはまります。
以前、検証した距離と色の関係で1/144~1/72までは、ほぼ同じ色合いなので
このままでOKでしょう。

草の緑と背景の建物の白で青被りは防げていると思います。
かなりブルーなのに白っぽい感じがします。

もちろん!機体付近での検証も抜かりなく
Img_3337_20200308185401
Su-34と比べてもグレイッシュが強め

Img_3397
もちろん、メーカー製の塗料も見てみましたが
彩度が高すぎてSu-35では使いもになりませんね!
調色ベースぐらいにはなるかもね。

で、以前
別口で購入したモデルカステンのフランカーカラーセット1
があったのでダメだし確認のために色チェックを

Img_6973
1,500円くらいだったかな?

Img_6975
一生懸命攪拌しました。
あーなんか、すでに使い物になりそうに無い雰囲気

Img_6976
色々と過去の色も含め吹いて見ました。
気温が低くて乾かないので今日はこんな感じOKでしょう。

モデルカステンは手前のカラーチャート1~4ですがまったくもって違う色ですね。
よくこんなもの平然とフランカー専用カラーだと謳って売ってますよねぇ?
かろうじて1の色が迷彩のグレー部分で使えそうです。
4はSu-33用らしいですが違うと思いますけどね~まあ改訂などしないのでしょうね。

結果として昨年作ったセルジュコフカラーのSu-30SMで作ったベースの色が
ちょうど良い感じですが量が足りないので、いずれにしても再調色ついでに大量生産が必要なようです。
ま、今後もSu-35を数多く作るので良いタイミングでしょう。

来週は土曜日は家の都合で何も出来ません。
日曜日の気温次第で進行状況は変わってくるでしょう。
つづく。

|

« GWH 1/72 Su-35S 制作記その3 | トップページ | GWH 1/72 Su-35S 制作記その5 »

プラモデル【航空機】」カテゴリの記事

コメント

T泉さん

>国民性
に思わず笑ってしまいました。
.>色調
大事ですよね。本当にそう思います。
さすが決定版キットで組み立て易いので、これからもどんどん量産していきたいと思います。

投稿: 管理人 | 2020年3月 8日 (日) 22時07分

いよいよウチマチック工廠でSu-35S製造開始、早い進捗ですね。
機体塗色は、MaksでのRed 52は品格ある色調で、カメラセンサーも素直に機能しました。
広義の類似色塗装Korean 747、777、A330等は国民性を映しドギツイので、カメラが嫌がって画像全体が変な色調になります。
王道塗装で複数機を製造され、機動飛行写真を是非お願いします。

投稿: T泉 | 2020年3月 8日 (日) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GWH 1/72 Su-35S 制作記その3 | トップページ | GWH 1/72 Su-35S 制作記その5 »