« GWH 1/72 Su-35S 制作記その6 | トップページ | GWH 1/72 Su-35S 制作記その8 »

2020年3月20日 (金)

GWH 1/72 Su-35S 制作記その7

3連休でございます。
今年はまだ墓参りに行ってなかったのでお墓参り。
ずいぶんと暖かくなってきました。
このまま平和になってくれればと思います。

さて、先週 調色したものの
やっぱりまだ彩度が高すぎると思ったので再々調整。
平日のアキバに大量の塗料を買いに行きました。
世間はやや人少なめな感じでしたがね。

Img_7046
上が今日の分
グレーを半分くらい落としました。
濃い目のブルーは1/3くらい白を加えてみました。

Img_7049
コレでGOしようと思います。

Img_7053
変遷
右から一番最初に作った色
真ん中翌日直した色
左 今日やり直した色

だいぶ落ち着いてきました。
現地で撮ってきた写真を見返して何度も調整したものです。
シャッタースピード高すぎました。
ブレナイ事優先で1/1000秒から1/1250秒で撮りましたが
色カブリが多めに発生する事と
トーンカーブで明るくすると粒子が目立ちます。
過去の写真を見返すと1/600 から1/800が自分的にはちょうど良い感じです。
※ブレル数は飛躍的に多くなりますが・・・

次 撮りに行く時はなるべくシャッタースピード下げて撮ろうと思います。

エアショーに行って、撮って、そのプラモ作って、それを野外で撮影して満足!という
フローを考えるとレンズが暗いので露出優先でもいいかもしれません。
2015年と比べると間違って撮り続けた露出優先のほうが
ビシッとピントが来た時の色が全然良いですしカーブで明るくしても粒子も出ません。
プロでも無いのでこれ以上機材に予算を割く気は無いですしね(今のところ

基本的にカーブは真ん中から上げるだけ
変なフィルタや個別のRGB色調整はしてないので
自分の中では決定版の色でしょう。


そんな2019年のMAKSから
迷彩の参考になるショットをピックアップ!

2k4a6618z

2k4a4926

2k4a6355

2k4a6963

2k4a6331
とこれらを見ながら可能な限り同じにして迷彩を塗装しようと思います。

今回はマスキング前にまずパターンを手書きで忠実に書いてから塗ろうと思います。
Img_7055
薄めにしてエアブラシで消えてしまう程度に。
出ないと跡が残ってしまいます。

Img_7058
まずは1色目グレーを書きました。
明日エアブラシで塗っていきます。

さあ、明日もお楽しみ。

|

« GWH 1/72 Su-35S 制作記その6 | トップページ | GWH 1/72 Su-35S 制作記その8 »

プラモデル【航空機】」カテゴリの記事

コメント

T泉さん

こんにちは。画像補正は難しいですね。調色も難しいです!
今年は家と会社の往復と近所で過ごす年になりそうです。

投稿: 管理人 | 2020年3月21日 (土) 20時55分

画像補正で、トーンカーブを操作するとカラーバランスが崩れ易いですね。
その後、泥沼にはまります。
彼岸のお墓参りを済ませ、モデル製作に取り組まれ、これぞ模範的日本男児。
私も少しは見習わないと、と真摯に思いました。

投稿: T泉 | 2020年3月21日 (土) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GWH 1/72 Su-35S 制作記その6 | トップページ | GWH 1/72 Su-35S 制作記その8 »