« GWH 1/72 Su-35S 制作記その13 | トップページ | GWH 1/72 Su-35S 制作記その15 »

2020年4月11日 (土)

GWH 1/72 Su-35S 制作記その14

早いとこ通常にもどってほしいもんですね。
幸い身の回りに被害者はまだ居ないのでよいですが・・・

さて、仕事周りは影響大でかなり暇になっています。
まったくどうなってしまうんでしょうか。

さて、気分を取り直して
終盤戦です。
日曜が天気悪い~との事で先にデカール印刷とミサイル塗装しちゃいます。

20200407154931
MAKS2019でひたすら1機でがんばっていたのは赤の52
キットに該当機のデカールが入っている訳は無いので自作します。
撮ってきた写真をスケールを合わせてイラストレーターでトレースして
データーを作ります。

Img_7201
いつものことなのでさっさと印刷

Img_7202
はて、ミサイルとパイロン
結構なボリューム

Img_7203
マスキングなしでザックリ下塗り
キット付属のものは通常仕様で作ります。

さて、現地で飛んでた機体は
R-27アラモとR-73アーチャーのダミー
2k4a6431_20200411202601

しかも、胴体中央後部のR-27アラモは先端の羽が無い謎仕様なのでサクッと作ります。

Img_7204
ハセガワのSu-35に付いているミサイルが良い感じなのでジャンク箱より接収
赤外線仕様のほうが射程延長型なので胴体はそこから頂き、レーダー誘導の先端をいただきます。

Img_7205
で、羽を切り取って紙ヤスリでパパッと処理して出来上がり。
それっぽくなりましたのでOKです。

Img_7206
マスキングもして塗装完了しました。
剥がすの面倒ですが剥がしきったときの達成感が良い!
Img_7207
ということで、装備品は出来上がりました。
ようやく明日 デカール貼りをしていよいよな感じです!

つづく。

|

« GWH 1/72 Su-35S 制作記その13 | トップページ | GWH 1/72 Su-35S 制作記その15 »

プラモデル【航空機】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GWH 1/72 Su-35S 制作記その13 | トップページ | GWH 1/72 Su-35S 制作記その15 »