« お手付き再開 Su-47 制作記【最終回】 | トップページ | 1/72 ロシアン ヘリ祭り その32 »

2020年7月11日 (土)

1/72 ロシアン ヘリ祭り その31

気が付けば、ことしも半分過ぎました。
もともと今年はエアショーなど行かなくていいかと思っていたので
根本的に、今年はより模型に集中できて良いかなと思っています。

さてさて、次は何を作りましょうか?
と少し前から考えていましたが、いいかげんにお題目である「ロシアンヘリ祭り」も進めようかと。
「その31」ですって
ロシアのヘリって個性的ですよね。
MAKSに行くと必ずあるこのヘリ大行進
2k4a0251
この8機を全部作る気はありませんが、主要なものは揃えたいところです。
そして今回はそのボス!

2k4a0276
そう2019年のMi-26T2Vです。
過去、
2011年↓
Rostvertol_mil_mi26t2_naumenko
ライトグレー1色・・・
つまらないなぁ
2015年↓
606832
オリーブドラブ1色
それっぽいけど、なんだかな・・・・。
と手が進みませんでした。

で、今回作るのは模型映えと難易度が両立しそうな2019年カラー
あーあ またも縛りプレイな感じの3色デジタル迷彩・・・
今回は、ディティールは最低限に
塗装をがんばってみたいと思います。

レッツラGO!
Img_7637
でかいですね!
A4のカッティングマットから余裕ではみ出ます。
デジタル迷彩が決まれば相当良い感じなるかも知れません。
多少 お手つきですがそれは内緒で。
2015年仕様で作ろうかと思っていましたが、オーリーブドラブ1色なので
手が止まっていましたね。

Img_7638
剥離材が相変わらずべっとりなのでマジックリンで洗います。

Img_7640
全パーツ洗いしました。
今回はデジタル迷彩なのでマスキングを多用します。
塗装剥がれが起きたらやる気もなくなるのできちんと洗います。

Img_7641
最新のMi-26T2Vはコックピットがデジタル化
それに伴って、西側風に黒一色となっていました。
あの変な緑色ではないんです。

ということでザックリ塗り直りまで。
さっさと組み立ててやる気のあるうちに塗装に移りたいですわ。

|

« お手付き再開 Su-47 制作記【最終回】 | トップページ | 1/72 ロシアン ヘリ祭り その32 »

プラモデル【航空機】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お手付き再開 Su-47 制作記【最終回】 | トップページ | 1/72 ロシアン ヘリ祭り その32 »