« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月27日 (日)

GWH 1/48 MiG-29 Strizhi(SWIFTS) その15

ざくざく進めたい所ですが
お墓参りやら、年末の買い物やらに行かないといけません。
おまけに大掃除(玄関の一部)など

何だかんだで午後もいい時間にようやく作業できるようになりました。
エンジン周りを〆ていきます。
Img_8917

ノズルとフェアリングのカバーなどなど

Img_8919

ババッとマスキングします~

銀を中心に塗ってきます。
Img_8927

シルバーが入るとキリッと締まりますね!

Img_8926

腹側も塗っていきます。

Img_8928

インテイクの入り口もツバメの縁取りが入りますので白を
1/48なので作業は楽でした。

Img_8929
その他のパーツ類も下塗りしていきます。

Img_8930
軽く置いて見ました。
良いですね。
飛行機感が一層出てきました。


ということで今年の作業は実質終了。
無事に1年に過ごせました。
本当に良かったです。
(まあ休み中にそれなりに弄ると思います)

それでは良いお年を!(まだ早いか

| | コメント (0)

2020年12月26日 (土)

GWH 1/48 MiG-29 Strizhi(SWIFTS) その14

今年最後の土日ですね。
まぁ、ちっとも世の中良くなりませんね。
このままズルズル行くんでしょう。
さ、月曜 出勤したら今年も終わりです。
早く終われ!

先週からのお楽しみの続きです。
一週間 ずっとムズムズしながら過ごしていました。

Img_8907
銀色の縁取りをマスクしていきます。

Img_8910
実機の写真を見ながらマスキングテープを貼っていくのですが
どうも主翼の付け根のつじつまが合いません・・・・
が、しかし既に青のツバメが塗ってあるのでそこから修正だと厳しい。

Img_8911
という訳で妥協の産物です。
ぱっと見判らないと思いますので良し!としましょう。

Img_8913
シルバーを塗りました。
ようやく大きな塗装が終わりました。

Img_8914
マスクを剥がしていきましょう!
この工程が一番好きですね。
最近 マスク多用が多くてねぇ~ 貼る前は嫌でもこの瞬間は好きですわ

Img_8916
いやぁぁぁぁ!出来ました。出来ましたわ
紛れも無くストリージィーですね。
いい感じに塗り終わりました。

ほっと一息。明日は色々有って作業出来るかしら?

| | コメント (2)

2020年12月20日 (日)

GWH 1/48 MiG-29 Strizhi(SWIFTS) その13

昨日の続きです。
塗装2日目
屋根裏で塗装前に垂直尾翼のマスキング
面積的にはそうでもないですけどココもマスキング欲しいよね。
不親切・・・・。

Img_8867
1時間くらいで終わらせて
塗装

屋根裏の寒い原因がわかりました。
塗装ブースの排気
塗装ブース稼動前は、ほんのり暖かったものの・・・
スイッチONで塗装をし始めると室内の空気をガンガン排気するので
外気がその分入ってくる訳で、そりゃ寒いわ。
でもシンナー臭くないので健康にはいいでしょう。
トレードオフって事でしょうね。

Img_8868
また、タンクに試し吹き
トリコロールが気分を盛り上げます。

Img_8870
今日も寒さと戦いながら薄く吹いていきます。

Img_8873
楽しい塗装はあっという間に終わりました。

Img_8871
裏その他もろもろ赤は塗りおわりました。

マスキングを外します。
Img_8876
おおお!
ガンダム(違う)
ツバメが出てきましたぞ!

Img_8877
裏も
あーあの時のロシアの記憶がよみがえりますねぇ

Img_8878
タンクもOKです。

Img_8879
全体を剥がし終わって
PCで写真と見比べて中間行程ですが小休止の御満悦タイム

Img_8881
ギアベイも内部処置も、うまくいってキレイに塗り分けできていました。

Img_8882
背中はこのあと銀の縁取りのマスキング(来週からで)

Img_8885
裏面は ほぼほぼ塗装完了。
ツバメが映えますね。

と言うことで今週は、ほぼ・ほぼ予定通りで進行できました。

このペースだと丁度 年末年始のお休み(年明け)で完成でしょうね。
来週に続く。

| | コメント (0)

2020年12月19日 (土)

GWH 1/48 MiG-29 Strizhi(SWIFTS) その12

今年も残り実質1週間かぁ
早いですね。
年末なのにあんまりそんな気分じゃないですね。

塗装に移りましょうかー
にしても寒いです。
お昼前後の屋根裏でも12,3度しかありません。

Img_8858
まずは、試しで燃料タンクに塗ってみました。
ま、いい感じの色なのでGOしましょ

Img_8859
薄く、薄く塗ります。

Img_8860
背中完了

Img_8862
お腹側
意外と早く乾いたので良かったです。
この時期 塗料の濃度を薄めにするのがコツですね。

Img_8863
青の部分が完了しました。

で、せっかく塗り終わったら直ぐ封印(笑
Img_8864
赤用のマスクを貼ります。

Img_8866
お腹は前面赤
ツバメだけをマスクします。

今日はココまで。
明日に続きます。

| | コメント (0)

2020年12月13日 (日)

GWH 1/48 MiG-29 Strizhi(SWIFTS) その11

寒さが本格的です。
お昼の何時間は屋根裏はあったかいですが午後も3時を過ぎると
冷え始めます。
ぶー寒っ。

来年は少し調べましたが
パリが早々に中止決定、イギリス(ファンボロー、RIAT)なんかワクチン打ってますがまだまだでしょうね・・・。
MAKSもやるようですが、そもそも日本からロシアに個人でいけるかどうか?
マレーシアのLIMAも順延2023っぽい情報。
自衛隊もこの感じだと航空祭はないでしょうね。
ということで、新分野を開拓しようかと。

さて、塗装するつもりでしたけどマスキングして終わってしまいました。

Img_8819
裏面のツバメのマスキング説明書に間違え発見でいろいろてこずります。

554034
APUかチャフ発射口の白縁取りの位置が説明書と実機で違いますね。
ツバメのお尻の位置

Img_8821
垂直尾翼はマスクなしで、デカールですが
そもそも印刷の色が全然違うのでマスキングでやり直ししました。
まあ、この辺中華製なので国産ならこんなこと無いよね。

いい加減、タミヤ、ハセガワはソ連・ロシア機を出して欲しいもんです。
老害な経営陣が退かないと無理だなぁ・・・
すでに支那にマーケットは取られてますけど(遅い)

Img_8823
日も暮れかかったので気温の関係もあり塗装は乾かないので
今日はマスクをしっかりすることにしました。

Img_8825
縁取りを多くとってしっかりマスク完了。


来週のお楽しみと言う事で。
つづく。

| | コメント (0)

2020年12月12日 (土)

GWH 1/48 MiG-29 Strizhi(SWIFTS) その10

今年も、およそ残り3週間
来年の動向が気になりますが、エアショーがらみはダメでしょうねぇ・・・。

Youtubeとか車とか完成品撮影色々やりたい事はありますが
今年は手が付けられませんでした。
来年は模型の手を休めて、Youtubeに注力するかも知れません。
今の所、なんとなくですがそんな気分です。

さて先週のつづき
Img_8807
今の内に燃料タンクをキレイにしときましょう。
機体が終わった後だと面倒くさくなります。

Img_8808
主翼の接着部分の隙間を埋めます。
プラペーパーを突っ込んでヤスッタ方が早い

Img_8810
尾翼の段差もプラペーパーを接着して埋めてヤスリます。

Img_8811
機首あたりも段差が気になったのでキレイにします。

Img_8813
裏も。

Img_8814
ドロップタンクも終わりました。

Img_8815
キレイに白を塗り直りました。
寒くて乾きませんね。この時期

ドライヤーで軽く乾かして次に
Img_8816
キットにはこのマスキングシートが付属していますので
貼りこみますわ。
こっからは好きな行程です。

Img_8818
おおお
まだ背中だけですがツバメがでてきましたよ。
腹側は、もう遅いので明日に続く~

つづく。

| | コメント (0)

2020年12月 6日 (日)

GWH 1/48 MiG-29 Strizhi(SWIFTS) その9

昨日の続きです。
もう少し、本体の接着面の仕上げをしたいところですが
組み立ても飽きたところなので
少々、塗装でも。

ツバメの白の塗り分け用の白を先に吹きます。

Img_8779
その前にキャノピーのマスキング
断面がΩ型でないので中心にモールド跡が無くそのままくっつけられます。
ステルス前の機体だと大体バブル型キャノピーですが
MiG-29は生産効率の都合かミグの生産能力のせいかわかりませんが
Ω型のバブルキャノピーで無いので楽チン

Img_8780
さあ、塗りましょう。

Img_8781
キャノピーは透明なので透けを考慮してコックピット色で先に塗っときます。
で、次は黒で下塗り

Img_8782
こんな感じでスジ彫りを薄めた黒を中心に軽く

Img_8783
で、白
白は白サフにしました。こちらもいつもより薄めてちょこちょこと
なんとなくスジ彫りが残る程度に
この後、赤だの青だの発色のいい色を塗りますが少しムラが有ってもOKのはず

Img_8785
白を塗り終わりました。

Img_8788
裏は、ほぼ赤と青なのでツバメに必要な部分だけ白を塗りました。
1/48なのでMIG-29と言えど結構 塗装は大変です。
午後は日暮れまで丸々半日掛かりました。

今日はそれなりに屋根裏は暖かったですが、それもでも冬ですね。
ずーっと居ると冷えてきます。
これからの季節ホント嫌ですね・・。
隙間やら処理忘れなど見つけたので来週はそこからかな。

来週に続く。

| | コメント (0)

2020年12月 5日 (土)

GWH 1/48 MiG-29 Strizhi(SWIFTS) その8

朝夜の寒さが本格的です。
昔は寒いほうが好きでしたが、ここ数年 すっかり苦手になってしまいました。
12月になり、もう今年も一ヶ月切りました。

来年はどんな年になるのでしょうか?
海外はダメでしょうね・・・

さ、今日は雨なのでひたすら組み立てを進めましょう。
Img_8769
いよいよ本格的に形にしてみようと思います。
分割が細かいのはいいのですが接着したら隙間が出来たので削って塗りなおし

Img_8770
ギアベイが結構目立つのでここも
しかもツバメの青だから先に塗ります。

大体終わりまして
Img_8771
次は一気に塗るために先にギアベイの扉を中から仮留めしておきます。

Img_8773
エンジンを突っ込みました。
ジェット機って、こんな後ろにエンジンついてるんですね!
重そう。
この位置に可変ノズルをつければ常にドリフト状態 そりゃ変な機動もお手の物ですね!
とプラモを作ると構造の勉強にもなりますよ!

Img_8774
エンジンカバーをつけますが・・隙間が

Img_8775
パテを使うとスジ彫りが消えるので最近は
もっぱらプラバンをつっこんで表面を整えるという感じにしてます。
結果的に早い

Img_8776
すべてのギアベイを仮留めで閉じました。
コレで一気にツバメが塗れます。

そしてようやく
Img_8777
上下を合体して形になりました。

Img_8778
裏返えしてインテーク~エンジンが結構な曲者です。
初期のグレートウォールホビーなので色々厄介。

次ぎ作るときも大変だわ(何時作るかは不明?)
明日も黙々と進めます。

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »